【実録】私が週末副業(webライター)で月1万円を稼ぐまで

副業・複業学

こんにちは、こんばんは、晴れです。

 

この記事を見ているということは、あなたは「副業(複業)を検討している人」か、「もう少し収入を増やしたいと考えている人」ではないでしょうか。

 

実際に、ネットを見ていると「月に5万円とまでは大きなことを言わないけれども、今よりもう少し余裕があればなぁ」と考えている人は多いようです。

 

確かに月に1万円でも、収入が増えることでゆとりをもって過ごせるようになりますし、投資へまわせる金額も増加させることができます。

 

昔なら、現在の仕事を頑張ることでしか収入を増やせなかったのですが、今ではその手段が「副業」という形で数多くあります。

そして、リスクが(ほぼ)ないクラウドソーシングが副業の第一歩にお勧めであることについても伝えてきました。

 

今回は、実際に私が月1万円の収入増を目指して「クラウドソーシングサービス」で「週末副業」をしてみた経過(結果)をお伝えしていきます。

 

この記事を読めば、私がどのようにして「月1万円の契約」をとることができたのか、がわかります。

 

結論:約1か月で「月々1万円」を達成

結論から伝えると、約1か月(サイトに登録から2か月弱)かけて、webライティングで月に1万円を稼げる案件を契約できました。

 

一見すると、1万円は低い目標と感じるかもしれません。

金額だけ見ると確かにそうです。

 

しかし、「以前の私からは生まれなかったお金」が手に入るようになったことは事実です。

そして、特にネット副業は「小さく始めて大きく育てるイメージで行うこと」が大事になります。

 

今回取り組んでみたことで、

  • 「0から1を作り出すこと」が一番大変であること
  • そこには今までにはなかった充実感・達成感があること

がわかりました。

 

登録から初仕事まで

クラウドソーシングサービスであれば

  • 登録は無料
  • 本名を出さずに仕事が可能(また、ニックネーム・ユーザーネームで仕事ができる)

 

これは「副業」として取り組む人には安心材料となります。

 

私はまず業界最大手の クラウドワークス に登録しました。

もちろん無料で登録できますので、まずは登録して様子を見てみるのもアリです。

 

特にスキルがない人はwebライターとして登録を

①プログラミングスキルや各種資格などがない場合は、「webライター」として登録をすればOKです。

 

webライターとは言葉の通り「文章を書く」仕事です。

 

文章を書くのが得意ではない人でも大丈夫です。

クライアントによっては、マニュアルが用意してあったり、書いた文章を添削してくれたりしますので心配はいりません。

 

②覚悟を決めたら、次は仕事の受注です。

最終的に目指すのは「単発の仕事」ではなく、「継続案件」の受注です。

 

単発案件では一度受注できても次につながりませんが、継続案件では一度受注できれば次の仕事も期待できるので安定感が生まれます。

また、ゆくゆくは「契約条件の交渉もできる」という将来の可能性が広がっています。

 

仕事(案件)の種類について

私が登録したサイトでは、仕事の種類が3つのタイプに分かれていました。

  • タスク形式
  • プロジェクト形式
  • コンペ形式

でした。

 

コンペ形式

コンペ形式は、ロゴ作成や商品のネーミングなどで発注されることの多い形式です。

 

  • クライアント(発注者)が、ロゴやネーミングなどの募集をかける
  • ワーカー(受注希望者)が案を作成し、提案する。
  • その中からクライアントが採用するもの(人)を決めていく

というスタイルです。

 

ですので、

  • ある程度のスキルが求められる
  • 頑張っても採用されなければ報酬が得られない

ということから「初心者向けではない」かもしれません。

 

実際に私もコンペ形式には応募していません。

 

タスク形式

単発の仕事です。

 

簡単なアンケートやデータ検索・入力など単純な仕事が多いです。

 

  1. ワーカーは、案件のページからいきなり作業開始可能
  2. 作業完了した後はクライアントの承認を待つ
  3. 報酬は、クライアントの承認を得られてから支払われる

 

クライアントとの連絡などは不要ですし、基本的にスキルは不要ですので取り組みやすい反面、報酬は低めの傾向があります

 

私は副業開始の初期段階で、システムに慣れるために利用しました。

 

プロジェクト形式

これはタスク形式と違い、まずこちらからやりたい案件のクライアント(発注者)に申し込みをするところから始まります

 

  1. 案件に申し込む
  2. その際、希望報酬金額や自己紹介・経歴などのアピールを送信
  3. クライアントが任せたい人を選んで契約が成立(それぞれの情報を見て判断される)

 

経験やスキル、その分野の知識などが必要とされることがありますが、報酬はタスク形式よりも高くなる傾向があります。

 

継続案件を受注したい!

基本的な流れとしては、タスク形式でシステムに慣れ→プロジェクト形式(初心者可)で実績を積み→プロジェクト形式(継続案件)での契約成立を目指します。

 

タスク形式に取り組んでみた

タスク形式は様々なものがありますが、報酬は安いもので5円/件でした。

しかも、システム利用料として20%(10万円以下の場合)引かれたため、実質4円の報酬でした。

 

確かに初めてのタスク形式の仕事では、会社以外で報酬が得れたことで一定の満足感がありました。

また、隙間時間で取り組めるものが多く、平日の夜中でもできるので助かりました。

 

しかし、目指すのは「月に1万円」です。これ(薄利多売)を続けることは「週末副業」の私には不利な条件でしかありません。

 

プロジェクト形式の契約をとりたい

プロジェクト形式の案件をとりたいのですが、オファーを出してもいきなりは契約が取れませんでした。

 

おそらく、受注などの実績が足りていなかったのだと思われます。

ですので、「プロジェクト形式のオファーを出しながらタスク形式をこなしていく」というようにしていきました。

 

ただ、薄利多売では疲弊していくだけです

それからは、「100円未満の案件には手を出さない」など自己ルールを決めてタスク形式には取り組みました。

 

そうこうしていると、少しずつ「初心者可」のプロジェクト形式の案件が取れるようになりました。

この段階では、主に短文のものやリライト(書き直し)のもので経験(スキル)を積んでいきました。

そうすると、クライアントが見るワーカーの自己紹介画面に「受注件数」「評価」などが載るようになり、少しずつ自信もついてきました。

 

継続案件の契約がとれた!

そして、登録から2か月弱かかりましたが継続案件の契約をとることができました

 

自己紹介・アピールに加えて

  • 過去のライティング文面を添付した
  • ライティングテストに挑戦した

その結果、1記事1,300円の契約がとれました。

 

週末に1記事作成で月に5,200円、2記事作成で10,400円になります(システム利用料を考慮せず)。

 

契約が決まったときは、心の中で「ガッツポーズ」をしたくらい嬉しかったですし、今まで味わったことがないような充実感がありました。

 

人を操る禁断の文章術 | メンタリストDaiGo |本 | 通販 | Amazon
AmazonでメンタリストDaiGoの人を操る禁断の文章術。アマゾンならポイント還元本が多数。メンタリストDaiGo作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人を操る禁断の文章術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

まとめ:1か月あれば週末副業(webライター)で月1万円を達成できる!

全て自己責任で取り組み、目標をクリアできたときの達成感は今まで感じたことがないものでした。

 

こういった経験ができただけでも、金額以上のものが得られたと感じています。

 

金額については、かける労力や時間によって上げていくことが可能ですので、人によっては月に2万円でも3万円でも稼げるかもしれません。

 

金額の大小はあれども、リスクが(ほぼ)ないクラウドソーシングが副業の第一歩にお勧めであることが再確認できました。

30代,40代のサラリーマンが今すべきこと

 

今回の記事は私自身が「週末副業」としてやってみたことの紹介でした。

参考にしてもらえればありがたいです。

 

登録は無料ですぐに完了しますので、まずは クラウドワークス に登録してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— | 松尾 茂起, 上野 高史 | 工学 | 本 | Amazon
Amazonで松尾 茂起, 上野 高史の沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
タイトルとURLをコピーしました