【だからあなたは貧乏人?】「見栄は貧乏人への近道」その理由とは

家計学

ショップだけでなくネットでも、場所を問わずによく見る「Sale」や「お買い得」の文字。

また、「みんな持っている」「○○さんも買った」という話。

 

これらを目に、耳にしてあなたはどう感じますか。

 

「よし、私も損をしたくないからゲットしよう!」

 

こう考えているのならば、一瞬立ち止まってほしいと思います。

最終的に「買う」という選択肢をするにせよ、今回の内容に目を通してからでも遅くないと思われます。

 

スポンサーリンク

結論:見栄をはりすぎると貧乏になる

個々人が使える金額には限りがあります。

それに対して「人間の欲は際限がない」と感じます。

 

「今よりもっと○○になりたい」

確かにこの想いに突き動かされて、世の中がどんどん便利になってきたという側面はあると思います。

逆を返せば、そのくらいこの「今よりもっと○○」という想いは強いということです。

ですので、どこかで調整していかないと、自分が持っている以上の金額を使ってしまいがちなのです。

 

特に「見栄」といわれるものが影響力が大きいと感じています。

なぜなら、見栄が働くと「必要以上のお金を使うことになること」がとても多いからです。

 

特に「ブランド」や「新しいもの」に対して、見栄をはるようになると…

想像できそうではないでしょうか。

 

少なくとも「持っているお金はすべて使って」欲の実現をするようになってしまうでしょう。

 

そうならないためにも、自己チェックをする癖をつけていくとよいと思います。

以下、「欲しい」と思ったときに、少し冷静になれるチェック項目三点です。

「欲しい!」と思ったときに、冷静になれる三つのチェック項目

「お買い得」と言っているのは誰?

ほとんどの場合「お店」です。

ここに違和感を感じませんか。

 

本来であれば、自分自身が見て「これを買ったら得だ」と判断するという類のものです。

他人が「お得」と言っているものを盲信して「お得だ」と感じるのは、思考停止状態だといってもよいと思います。

 

項目①「お買い得」と言っているのは誰かを考える

 

また、お買い得になっている理由は何だと思いますか。

こういう風に考えていくことで、売り手側の「売り文句」から脱却できるようになります。

本当にその価値がある?

項目②それには本当にその価値がありますか

 

「世の中に振り回されないこと」は、自己管理においてもかなり重要な要素のうちの一つです。

目的と行動は合っている?

ここが「勘違い」が一番多く起こるところです。

どういうことかというと、「目的に見栄がプラスされた行動をしてしまう」ということがとても多いということです。

 

例えば

  • やりたいこと→ネット環境を整えたい
  • 行動→新品スマホを買う

といったことは容易に想像できると思います。

 

「スマホを買う」という行動自体は理解ができます。

ただ、それが「新品である必要性」についてはどうでしょうか。

 

「ネット環境が整う」のであれば、新品かどうかは大きな問題ではないのかもしれません。

そう考えると、スマホ端末が「○○というブランドじゃなきゃダメ」という根拠はゼロになってしまうことでしょう。

 

しかし現実社会では、多くの人が新品スマホを買います。

そして、そのことに何の違和感も覚えません。

 

だから、お金が貯まらないのです。

 

私の実例でいうと、私は新型が発売されたタイミングで旧型の新古スマホをキャンペーン込みで500円程で手に入れました。

 

誰も使っていない「ほぼほぼ新品」です。

もちろん今も使用しています。今のところ何の問題もありません。

仮に問題が出てきても、また変えればいいだけです。

 

これだけで数万円以上の差になります。

 

項目③目的と行動は合っていますか

 

実は、最初は私も「最新機種」の方を買おうと考えていたのです。

その時に、キャンペーンを知って「自分自身が冷静になれた」という経験があります。

 

まとめ

誰もが欲の前では無力になってしまいがちです。

だからこそ、一旦冷静になる方法をそれぞれの中で持っておくべきなのです。

 

  • 住む場所が必要→そもそも賃貸でいい? 購入する? 新築である必要性は?
  • 移動手段(車)が必要→そもそもレンタカーでいい? 購入する? 新車である必要性は?
  • ネット環境(スマホ)が必要→そもそも3大キャリアでいい? 購入する? 新品である必要性は?

と冷静に考えていくと「自分の中の見栄」が見えてきますね。

 

個人的には「すべてに見栄をはらない生活」というよりは、「適度に見栄をはる生活」の方が好きかもしれません。

 

少なくとも「すべてに見栄をはる生活というのはほとんどの人において難しい」ということを再確認してもらえれば幸いです。

 

誰かの「お金で後悔しない人生」のお役に立てていれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました