【リテラシーが低い?】「儲けの仕組み」を知ると損を避けることも可能

行動基準学

誰もが「損はしたくない」と考えるものです。

ただ、実際には、「損をしている人」は思っている以上に多いのです。

 

その原因の多くは

  • 知識が足りないこと
  • 与えられたままを鵜呑みにしていること

です。

 

これらでもわかるように、損をする人の多くは「自ら積極的に考えることがない人」です。

その結果、多くの人は「自分が損をしていること」にすら気づいていないということが現実です。

 

では、損をしないためにはどうすればよいのでしょうか。

 

結論:リテラシーを高めることで損を回避できる

まず結論からいうと、リテラシーを高めていくことで「損をする可能性」をぐっと引き下げることができます。

 

リテラシー:得た情報を正しく理解・整理し、それを自分で表現したり、判断する能力

 

リテラシーを高めていくことで「ものごとの仕組み・からくり」を読み解くことができるのです。

そうすることで、リテラシーの高い人は「損をする選択はしない」ということが可能になるのです。

 

逆にいうと、リテラシーを高めないと「相手の土俵で戦っていくしかない=相手の言いなり」という状況になってしまい、結果的に損をすることになります。

 

なぜリテラシーを高めなければならないのか

世の中の人たちを大きく二つに分けるとするならば、

  • 仕組みを作って使わせる側の人
  • 誰かに作られた仕組みを使う側の人

になります。

 

これは「仕組みを使う側の人」だからダメだという話ではありません。

なぜなら、リテラシーを高めていくことで、その仕組みを「使いこなすこと」が可能になるからです。

ただし、リテラシーが低ければその仕組みに「使われる立場」になってしまうのです。

 

リテラシーが低ければ損をする例

もしあなたのリテラシーが低く、仕組み自体を理解できなければ、当然その仕組みを「使いこなすこと」なんてことはできません。

 

もっというならば「損をしていること自体」にも気づかないかもしれません。

たとえば、ケータイ電話(スマホ)の料金プラン。

ケータイ会社の言う通りのプランで契約すると「割高なプラン」になっていることも一昔前はよくあったものです。

 

なぜ「一昔前」といっているのかというと、現在は様々な情報が発信されているので「Googleで検索すれば適切なプランを知ることができる」からです。

 

それでも時々「お年寄りに対して、不要と思われるオプションサービスが過剰につけられていた」というニュースが出ます。

これは、「お年寄りは検索しない人が多いから」起きた事件ともいえるわけです。

 

あなたは「割高なプランを使っていない」と自信を持って言えますか
もし、答えが「Yes」でないのならば、気づかないうちに損をしているパターンかもしれません。

思考停止状態は損をする可能性大

この例からもわかるように、出されたもの(仕組み)を受け入れていくだけということは「思考停止状態」ともいえるのです。

これは「選択の余地がない状態」ともいえます。

 

だから、「思考停止状態」で行った選択は、振り返ってみると「賢い選択ではなかった」ということが多くなってしまうのです。

 

そうならないためにも、リテラシーを高めていくことが必要なのです。

ものごとの仕組みやからくりがわかってくると「選択の余地」が生まれてくるのです。

リテラシーを高めるためにできること

では、損をしないために今すぐできることが3つあります。

 

それは

  1. どうやって儲けているのかを考える
  2. 必ず自分でも調べる
  3. 調べるときには「プラス面」だけでなく「マイナス面」も

です。

 

どうやって儲けているのかを考える

例えば「無料」という文字を見て、「お得だから」と考える人もいます。

それ自体は悪くないのですが、こういうときに少し立ち止まって考えるのです。

 

「無料で提供しているけれども、この人はどうやって儲けを出しているのだろう」と。

普通に考えて「無料」という先には「有料」というものが待っているはずです。

 

こうやって考えていくことで、「どうやって有料に誘導しているのか」という仕組みに目が向くようになるのです。

必ず自分でも調べる

現在は、「インフルエンサーとよばれている人の意見を見て行動する」という人が多くなってきています。

それ自体は悪くないと思います。

 

ただ、他人の意見だけに左右されてしまうことは危険な状態です。

必ず自分自身でも調べてみることをお勧めします。

調べるときには「プラス面」だけでなく「マイナス面」も

人間は「自分が見たいものが目に入ってくる」という性質を持っているらしいです(カラーバス効果)

 

つまり、自分がよいと思っていると、知らず知らずのうちに「『よい』といっている内容」に目が向くようになってしまうのです。

せっかく自ら調べているのに、これでは意味がありません。

 

ですから、あえて逆の情報を探していくことで、バランスの取れた判断ができるようになるのです。

まとめ

与えられているものを盲目的に信じて受け入れるのではなく、少しだけ立ち止まって「その仕組み」を考えていくようにしてみるだけでも、損をする機会が減ります。

特に、経済や金融のリテラシーを高めていけば、金銭的に有利になります。

 

ただ、仕組みやからくりは、意識しないと気づきません。

逆を返せば、意識さえすれば気づける可能性があるということです。

 

何かに出会ったときに「これはどうやって儲けを出しているのだろう」と疑問を持つところが大事です。

まずはここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました